永久機関研究所

日常をちょっと楽しくしたい全力中年に捧ぐ研究所

持ち家がよいのか、賃貸が良いのか・・・私は持ち家派

誰が読むかは知らないが、言いたいことを書き殴る。

永久機関研究所の只野旅人<タダノタビト>です。

 

居場所はないがローンはある。

子供部屋と新しいキッチンのために35年間

ローンを払い続ける漢の主張です。

f:id:teratera101:20210721235009j:plain

不動産投資家などはマイホームは負債であり

そんなローンを組むくらいなら物件購入しますって言う人

結構おられます。

「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学

 

すでにマイホーム購入済みの私にそんな話しないでよって

言いたいところですが、実際はどっちが「得」かはわからないと

考えています。

 

属性にもよるが購入の場合は住宅ローン減税の対象になるし、

ローンが払い終われば自分のものである。

ガレージや庭なども楽しめるし一国一城の主人になれる。

しかし購入時より物件価格が下落するリスクはある。

私の場合、売る気はないので気にならない。

 

一方、賃貸派の謳うメリットは

賃貸は固定資産税も払わなくてよいし

いつでも引っ越せる。修繕も大家負担。など

私の場合。引っ越したくないので、いつでも引っ越せるのは

メリットになり得ない。

固定資産税も修繕費も大家負担とあるが、

大家さんは賃料でそれを払っている。

借りた人が大家さんの利益を上乗せして払っていると

言っても過言じゃない。

 

人口減少が進む日本で土地やマンションをもっている事も

リスクかもしれないが、やっぱり私は持ち家派です。

歳いって仕事ができなくなったら誰も貸してくれなくなる。

金もない。住むところもない。ってな老後は寂しすぎる。

 

 

巡り会えるかどうかわからないが、

孫と一緒に風呂入ったり。昼寝したり。したいので・・・

 

子供の家族が泊まりに来れる自宅を維持していきたいね。